予約する

アクセス

診察時間

  • トップ
  • 院長ノート
  • 糖尿病の検査っていくらかかるの?(初めてクリニックを受診したときの費用のお話)

2021.11.11

糖尿病の検査っていくらかかるの?(初めてクリニックを受診したときの費用のお話)

糖尿病

糖尿病が心配で検査を受けたいけど、いくら費用がかかりますか?とご質問をいただくことがあります。

糖尿病の検査では何をする?

健康診断で血糖値がひっかかった方や、自覚症状から糖尿病が疑われる方がクリニックに受診した場合、血液検査と尿検査を行います。
診断に必要な検査として「血糖値」「HbA1c(ヘモグロビン エーワンシー)」があり、これは全ての方で行います。糖尿病の検査をするときには、他にも生活習慣病が隠れていないか検査をしたほうが良いですので「コレステロール・中性脂肪」や「尿酸値」が追加になることが多いです。また、肝臓や腎臓の状態を調べておくことも重要ですので肝機能検査として「AST, ALT, ガンマGTP」、腎機能検査として「尿素窒素・クレアチニン」を加えることも一般的です。自分の膵臓からどれくらいインスリンが出ているかを調べる「Cペプチド」を調べることもあります。尿検査では主に「尿タンパク」や「尿ケトン体」を確認します。

糖尿病検査の費用はどれくらい?

以上の血液・尿検査と診察で、お会計の際にお支払いいただく費用は、3割負担の方で3000円~4000円程度になることが多いです。

その他、追加になるかもしれない検査として、
・胸部レントゲン検査 630円
・心電図 390円
・頸動脈の超音波検査(動脈硬化を見る検査です)1500円

などがあります。

検査結果は丁寧にご説明いたします。

検査データの見方は、なるべく専門用語を使わずに丁寧に解説していくように心がけていますので、糖尿病やそのほかの生活習慣病(高血圧・高コレステロール・高中性脂肪・高尿酸)がご心配な方はぜひご相談ください。


ふくおか内科クリニック 院長 福岡勇樹

一覧へ戻る