予約する

アクセス

診察時間

2021.05.25

禁煙外来 (保険診療) のご案内

お知らせ

タバコをやめたい、でもなかなか自分の意思だけではやめられない…とお悩みの方がいらっしゃると思います。
ふくおか内科クリニックでは、そのような皆様の禁煙のお手伝い・サポートができます。

禁煙外来について

禁煙外来では、医師や看護師による禁煙のアドバイスに加えて、飲む禁煙補助薬(チャンピックス)の処方を、保険診療で受けることができます。禁煙補助薬は、ニコチンが切れると辛くなる、そんな症状を穏やかにしてくれるお薬です。

以前は、禁煙治療は全額自費でしたが、平成18年から健康保険の適用となりました。
※当院は保険診療を行うことができる施設基準に適合した届出医療機関になりますので、医師のアドバイスを受けながら禁煙することができます。

なぜタバコはやめるべきなのでしょうか?
タバコを吸うと何が良くないのでしょうか?
コラム「たばこの害」で書かせていただきました。
下記リンクから是非読んでみてください。

禁煙外来の流れ

①ニコチン依存症のチェックをして、健康保険が適用できるか確認いたします。
②息の中の一酸化炭素(タバコに含まれる有害物質です)を測定します。
③禁煙開始日を決めて、禁煙宣言書を作成します。
④禁煙補助薬(チャンピックス)の処方を行い、禁煙の成功をサポートします。禁煙開始予定の1週間前からチャンピックスを飲んでいただき、徐々にタバコの本数を減らしていくやり方で、禁煙成功率も高い方法です。

※初回の受診は、これら①~④で約30分かかります。
※禁煙外来は、12週間で合計5回の診察となります(初回・2週・4週・8週・12週後)。2回目以降の診察では、禁煙の状況をお伺いし、息の一酸化炭素濃度の測定・禁煙成功に向けてのアドバイスを行います。

健康保険が適用となる条件

①ニコチン依存症診断テストで5点以上(クリニックで確認します)
②「1日の平均喫煙本数」×「今までの喫煙年数」=200以上 (35歳未満の方はこの条件は不要になります)
③近日中に禁煙をはじめる意思があること
④禁煙治療を受けることに、文章で同意をいただくこと
⑤以前に禁煙外来に通院していた方は、それから1年以上たっていること。

費用・治療費について

治療費について
保険適応で自己負担額3割の場合
禁煙補助薬チャンピックスによる治療では、約20,000円(5回通院の総額)となります。
※「クリニックでの診察」+「調剤薬局での処方」で上記金額になります。
※他にも持病があり、そちらの治療も行っている場合は変動します。

禁煙をご希望の方は、ぜひご相談ください!

いつ禁煙しても遅すぎるということはなく、禁煙開始から少しずつ健康上のメリットが表れてきます。
生活習慣病(糖尿病・高血圧症・脂質異常症・高コレステロール)や甲状腺の病気(バセドウ病など)がある方は、特に禁煙することのメリットは大きいと考えられます。
お気軽にご相談ください。

ふくおか内科クリニック 院長 福岡勇樹

一覧へ戻る